国保連へ請求するための伝送ソフトの種類とその維持費

女の人

増加する高齢者

介護士と車椅子の男性

年々増加傾向にある高齢者に伴い、介護施設も増加傾向にあります。しかし、現在介護士の人数が足りていない状況にあるため、待機者の人数も時が経つにつれ増えることが懸念されています。老人ホームはそれぞれの施設ごとに入所条件が定められており、それらの条件は介護の必要度合いが軽度から重度までで判断されています。入所条件が緩い特別養護老人ホームは、料金も安いことから入所を希望する人が集まっているため待機者が多数いる状況にあります。そのため、入所の申請を行なってから実際に入所できるまでには数ヶ月、または何年か先になってしまう可能もあります。では、入る場合はどこの施設に行ったらよいのかと思う人もいるかもしれませんが、少し余裕がある方はシニア向け分譲マンションに住んでみるというのもよいかもしれません。シニア向け分譲マンションでは、老人ホームのような特定の団体が運営しているものではなく、家として住むことができ高級マンションのようにコンシェルジュがついているところもあります。いわば老人向けの高級賃貸マンションです。
シニア分譲マンションに住むと次のようなメリットがあります。まず食事や選択など、掃除といった家事は専属スタッフがついているので全て行なってくれます。もし、万が一具合が悪くなっても病院などの送迎バスを運行してくれたりもします。気をつけなければならないのは専属スタッフはあくまで日常生活の支援をするのみであり、介護は別の介護施設との契約が必要であることです。シニア向け分譲マンションであれば、通常の老人ホームのように待機者として待つことはなく、空いている部屋を見つけるだけなので待ち時間が発生することはありません。しかし、それなりの資金が必要であるため、利用するメリットやその他の施設のメリットなども考慮したうえで検討しましょう。