国保連へ請求するための伝送ソフトの種類とその維持費

女の人

パッケージとASPの違い

PCを操作する人

毎年増加している介護施設では、施設利用者の介護の他にも請求などの会計も行なうことが必要です。そういった会計は「介護請求ソフト」を使って行われています。施設の利用料は入所者が1割、国保連の負担が9割となっているため、入所者と国保連のそれぞれに請求をすることが必要です。そのようなデータ管理をする介護請求ソフトは複数の会社から販売されていて、ASP型とパッケージ型というものがあります。違いとしてはパッケージ型は購入時点で多機能が利用でき、大きな事業所などでの利用ソフトとして作られており、料金が高額なものが特徴です。また、必要に応じてカスタマイズすることができるので会社側で使いやすいように仕様変更することが可能です。それに対し、ASP型はネットを通じて行なうクラウド型のソフトであるため、利用料金は月額費用であるため数千円と比較的安価です。更に、ソフト提供会社側でアップデートなども行なってくれる他、法律が変更された場合でもその仕様に合わせて自動的に変更してくれるので、介護施設側としては特に困ることがありません。
ASP型の介護請求ソフトは、施設に合わせて作られているため利用する場合には適切なものを選ぶ必要があります。迷った場合にはソフト提供会社に電話にて相談してみるとよいでしょう。また、そういった介護請求ソフトの比較サイトもあるので、迷っている場合はそういったサイトの情報を参考にしてみるのもよいでしょう。